Insomnia Music with Hoshina Anniversary

The Safe Trip and Alien Jams producer selects tracks to keep your mind occupied during the midnight hours...

Insomnia Music with Hoshina Anniversary

The Safe Trip and Alien Jams producer selects tracks to keep your mind occupied during the midnight hours...

Tokyo-based producer Hoshina Anniversary first piqued our interests with his Safe Trip release Hakkenden; that mindbending one Lena Willikens had been showing some love in her sets last summer.

Shunning the conventional, Hoshina Anniversary's productions fuse tradition and innovation to craft a singular sound that has recently caught the attention of Alien Jams boss Chloe Frieda. His third album, the experimental and intricate Odoriko, marks his debut on the London-based label and follows a large catalogue of releases on ESP Institute, MUSAR, Boysnoize and Youth. 

Here he ponders the music that keeps his mind occupied during the midnight hours...

"I chose this theme because I have a collection of albums for Insomnia. I've listened to these five tracks for a long time, and from now on I'm gonna listen to these albums. I hope you'll spend quality time with this music." 

このテーマを選んだ理由は、自分は眠れない時に聴くアルバム・コレクションがあるからです。 これら5曲は随分長いこと聴いているし、これからもずっと聴くだろうアルバムです。 これらの音楽で皆さんの暮らしがより充実したものなれば幸いです。

Dominic Miller - In A Whisper

絶妙な距離感というか、ふと別の色彩を加えるようなコード進行やサウンドが出てきては消え、それがまた繰り返し、何かを強く主張する訳ではないんだけど、情景が広がって、それがずっと続いていくような、心を落ち着かせてくれる1曲。

Ravel - Gaspard De La Nuit: I. Ondine (Piano by Robert Casadesus) 

Robert Casadesusのピアノによって霧がかった、甘美で、泡のごとく弾けてしまいそうな、知的だけど無邪気で、そんなあらゆるものをドラマティックに描いた、Ravelの数ある作曲の中でも最も美しい1曲なんではないでしょうか。

Dave Pike - Philumba

普通のボサノバとジャズを提示しているようで、Joao Donatoの少し風変わりな作曲とDave PikeやKenny Burrellの音の味付け、José PauloのCabasaの入れ方などが決して聞き飽きさせない不朽の作品に仕立て上げている。 格式高い、作り込みは複雑であるのに、その音楽は敷居が低いような、聴く者に聴く事を強要することは決してない、そんなサウンド。

Jimmy Raney - Ovals

ドラムのないジャズを眠れない時によく聴くのだが、Jimmy Raneyのバップをベースにしながら高い叙情性と彼特有の作曲、Tommy FlanaganとGeorge Mrazという名手2人のコンビネーションも相まって、他のジャズ・ギタリストが辿り着けない境地に達しているように思える。

Francoise Hardy ‎– Message Personnel 

彼女の作品には、日常のどこかにあるはずなのに見つけられない感情の機微や日常の何気ない幸せが、ミケランジェロ・アントニオーニの60年代の映画に近い感触で、存在しているように思える。 


Follow Hoshina Anniversary. Buy Odoriko

Dominic Miller - In A Whisper

This track has an exquisite sense of distance... One by one another chord progression or the sound (strings, bass etc) appear and disappear, it repeats again. It doesn't assert something strong, but it stay close to me, calms my mind. The scene spreads, and it seems to last forever.

COMMENTS